Home » 活動記録

第39回全日本大学選手権大会

29 8月 2012 No Comment

今年のインカレは、とても暑いインカレでしたが、筑波大学漕艇部の戦績も、とても熱いものとなりました。

インカレに出場した5クルー全てが最終日に残り、入賞を果たしました。中でも、M2Xは3位入賞、W2Xも6位入賞と、ハードな最終日でも熱いレースを見せてくれました。

入賞者の中には、ボート経験の浅い選手が2年目、または3年目の若さで、しかも激戦区のシングルで、入賞という快挙を成し遂げたり、大会直前の7月に久々のスイープでの出場を決め、かつサイドを変えた選手も居ました。

大会後の艇庫前では、たった13人の部員達がたくさんの賞状と、メダルをもって歓談していたのが印象的でした。

技術・体力共に高いレベルに、これまでより短い時間で達しているのでしょうか。人の持つ可能性について、そして少し大げさですが、自分の今の生き方についても考えさせられました。

終わった後は、土方先生ご夫妻主催の懇親会が開かれました。おいしい唐揚げやごはんをいただきながら、楽しく交流をすることができました。

選手達は学年、漕歴も違えば背景も違うので、それぞれ目標も異なります。懇親会では今回の結果を喜ぶ選手も居れば、悔しさを隠しきれない選手も多くいました。来年は、それぞれの選手全員が、自らの心にある目標を超えられることを願っています。


Comments are closed.